虫歯菌:歯周病と虫歯は、原因になってしまう細菌の種類が異なります

「虫歯菌」「歯周病菌」という言葉がある通り、虫歯や歯周病は、細菌が理由で発生します。
虫歯になる細菌と、歯周病になる細菌はその種類が異なります。

したがって、もし一時的に口の中に虫歯菌がいなくて歯周病菌がいる状況だと、虫歯にはなり難いけれどと、油断しているうちに、歯周病が進行して骨が溶けてしまうことが見られます。

あるいは、逆の場合だとしら歯が悪いからとあきらめていませんか?

それに、このような方もいらっしゃいます。

★子供さんのころから虫歯が多かったから、歯が悪化するのが当前だと受け入れてしまっている方。

★年をとったら、入れ歯になるものだと考えている方。

この様に考えている方がほぼなのではないでしょうか?

でも、たとえ虫歯になっても、最初の段階(虫歯が小さな状態のうち)に治して、しっかりとプラーク調節をしている方もいます。

私達は生まれてくるときには、口の中に虫歯菌も歯周病菌もいない状況です。

生まれた後で、母親やお父さんから虫歯菌をもらってしまう確立が高いのです。
(そんなわけで、今日では母親やお父さんから口移しなどで虫歯菌を移さないように保健所でも指導をしています。)

それに、子供さんが大人へと成長していく家庭で、家族以外の多くのいろいろな人間関係を通して、歯周病菌を移されてしまうこともあるでしょう。

菌に感染したと仮定したとしてもその時から予防を優先するか、しないかで人生が変わってしまいます。

前述の通り、虫歯菌と歯周病菌は別の菌なので、そのような菌の感染の有無、予防の取り組む方法によって、

1.虫歯にも歯周病にもならない人
2.虫歯にはなるが歯周病にはならない人
3.虫歯にはならないが歯周病にはなる人
4.虫歯にも歯周病にもなる人

がいるのです。

虫歯は20歳までの若い時期に発生することがほとんんどで、それ以降は(断じて発生率はゼロにはなりませんが、)年齢と一緒に発生率が減っていきます。

一方歯周病は、20歳を過ぎた頃から増え始め、年を追うごとに発生率が上がり、進行していきます。

歯周病は30歳代の8割もの人がかかり、40歳を超えると、歯を抜く原因のなんと9割が歯周病だと考えられています。

反対に言いますと、40歳以降では、歯周病にならなくて済むように予防に気を配りさえすれば、9割は自分自身の歯を維持できる見込みが高まるということです。

まず始めは、ハミガキ粉無しでじっくりと歯ブラシでの歯磨き方法を覚えてから、仕上げする時にちょっぴり歯みがき用の洗浄剤を使うときっちり磨けるようになるでしょう。
審美においても仮歯は外せないポイントです。目の間をまっすぐにつなぐ直線と前歯の先の並びが平行でないと、まるで顔全体が歪んでいるイメージを受けます。
デンタルホワイトニングは、歯の表面のエナメル質の細かな汚れをじっくりと取り除いた後でおこないますが、自宅で自分でできるホームホワイトニングと歯科医が行うオフィスホワイトニングの方法の異なる2つのサービスが選択できるようになっています。
是非心がけてほしいのは虫歯の原因となる虫歯菌や歯周病菌を乳児や幼児に寄せ付けないためにも、結婚・出産を前にした女性陣は虫歯を治す治療は、じっくりと果たしておく必要があると考えましょう。
口内炎の程度の重さや起こるポイントによっては勝手に舌が向きを変えるだけで、激しい痛みが生じてしまい、ツバを飲み下すことさえ難儀になってしまいます。

嫌なプラークが蓄積する前に、日々歯石のケアをしっかりとする事が、殊更肝要です。歯垢のたまりやすい所は、しっかりとブラッシングする事が一層重要です。
当然ながら医者が多いと、念入りに患者さんの診察をしてくれそうですが、逆にそういう所にはまるで流れ作業のように、患者に治療を施す場所も存在するのです。
ムシ歯がきっかけとなっている知覚過敏は、虫歯はかなり深刻化していると見なされ、患部の痛みも続きますが、そうではない時は、一時性の様態で沈静化することが予想されます。
歯をいつまでも保つには、PMTCが大変大切で、この事が歯の処置した結果を長期間持続可能かどうかに、多大な影響を与えることも確実です。
咀嚼すると痛さを感じる入れ歯、はまっていない入れ歯は、それが理由で適切に噛めず丸ごと嚥下してしまう場合が、増加してしまっているそうです。

なくした歯を補う入歯の離脱が簡単だということは、年齢を重ねるにつれて変化していく歯や顎関節のコンディションに合う方法で、加減が実践できるということです。
例えば差し歯が変色してしまう理由として推測されるのは、歯冠継続歯の色自体が黄ばむ、さし歯の周囲の歯が褪色してしまったの2つのことがあるのだそうです。
歯を白くするホワイトニング施術をしないとしても、歯のヒビをそのまま放置すると、象牙質が傷み、外気や口に入れた食物が触れるだけで痛みを伴うことがあるといわれています。
病気や仕事が原因で、疲れがたまり体力が著しく衰えたり、栄養のバランスが不均衡な食事が続く等で、体調が万全ではない状況に変わった時に口内炎が現れやすくなるのです。
最近になって歯周病になる原因を取り払う事や、原因菌に感染した病巣を洗浄することで、再び組織が再生することが行えるような治療の技術が実用化されました。