カリソルブの治療順番

カリソルブによる虫歯治療の前に
カリソルブがとりわけ有効とされるのはC2(象牙質まで達した虫歯)までの虫歯です。

奥歯(臼歯)の咬合面のみぞ(小窩裂溝)にできた虫歯など薬剤を直接塗ることが大変な場合は歯を少し削ることが見られます。日々進歩する歯科医療技術・知識に対して研鑽を重ねそれを全て患者さんに還元します。
これは薬剤の有効性を高くするために行う処理です。

カリソルブは多くの場合、麻酔を使わないでに治療してもらうことができます。

薬剤(カリソルブ)を準備します。
薬剤が虫歯に有効に作用するようよく混ぜ合わせます。
薬剤の塗布は専用器具を利用します。

薬剤(カリソルブ)の塗布
虫歯に蝕まれた箇所に薬剤をじっくりと塗り、虫歯への化学的働きを待ちます(30秒以上)。

虫歯の除去
薬剤の働きで柔軟になった虫歯を丁寧に排除します。
この時、歯が乾燥しないように十分注意します。

虫歯除去の確認
塗布した薬剤が虫歯に働きしなくなるまで3~4回の処理を反復します。
(薬剤が濁らなくなります)
目視だけに頼らず、虫歯検知液などで虫歯がすっかり除去できたか確かめます。

充填処理
状況に応じて充填処理(詰め物など)をします。

カリソルブによる虫歯治療Q&A

Q1 カリソルブって何?
A1 歯の象牙質の虫歯のみを溶解して排除するシステムです。成分は次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸などで、その薬剤を虫歯に塗り、柔軟になった虫歯を専用器具ででいねいに排除します。丈夫な部分はアミノ酸により保護されます。

Q2 カリソルブ(薬剤)の安全性は?
A2 厚生労働省の承認も受けており、言うまでもなく歯科用原料として安全性は確かめられています。

Q3 カリソルブの治療で麻酔をおこないますか?
A3 痛みは虫歯が神経を刺激しているために発生します。こういった場合麻酔が大事になる場合が見られます。だけども、カリソルブによる治療の痛みはほぼありません。

Q4 カリソルブによる治療で歯を削るドリルを使いますか?
A4 割合に軽い虫歯ならばドリルを使うことはほぼありません。歯間などその状態のままでは薬剤を塗ることが出来ない箇所にはドリルを用いることが見られます。これは、カリソルブが歯の表面のエナメル質には働きしないことが理由です。

Q5 どのくらいの虫歯まで効果がありますか?
A5 本質的に浅い虫歯、とりわけ象牙質が蝕まれた程度の虫歯(C2くらいまで)に効果があります。虫歯の進行も参考にご確認ください。

Q6 カリソルブの治療時間は?
A6 カリソルブの治療は、薬を塗って虫歯を溶解し、そのことを排除するという作業を数回反復します。そんなわけで、これまでのドリルで一気に削るというやり方と比べると治療時間は長くなります。カリソルブの最大限のメリットは丈夫な箇所に破損を与えないということです。

Q7 カリソルブの治療は保険が利きますか?
A7 現在のところ保険の活用外です。保険の活用になれば良いのですが、削る治療に比べ手間取ることもあり、将来的な見通しも大変なかもしれません。

ドライマウスの主だった症状は、口腔内がカラカラに乾く、とにかく喉が渇くというのがほとんどを占めます。重症のケースでは、痛み等の辛い症状が現れることも残念なことにあるのです。
大きくなった歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)には、汚れた歯垢が非常にたまりやすく、このようにして集中した状況では、歯を磨くことのみ実施してみても、残念ですが完全には取れません。
最初に、ハミガキ粉を使わないで念入りに歯ブラシでの歯みがき方法を実践できるようになってから、仕上げ時にほんの少しだけ歯みがき剤を塗るようにするときれいに歯をブラッシングできるようになるでしょう。
なり始めの時は歯周病の原因となる菌が歯の表面に貼りつき、それで歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤く腫れたり、歯を磨くと毎回出血するような状況になるのが歯肉炎の特徴です。
プロによる歯のクリーニングは、歯周病の原因菌のはびこるのを抑制する優秀な手法だと、科学的に証明されており、ただ感覚的に快適なだけではないとされています。

もし歯冠継続歯の根元が割れてしまったらそれを歯根破折と呼びますが、悔しいですが二度と使用できません。そのほとんどの事例では抜歯の治療を施す事になってしまうのです。
口内炎の段階や発生する部分次第では、舌がただ向きを変えただけで、ひどい激痛が生じてしまい、唾液を飲み下す事すら困難になります。
歯の持つ色は元々純粋な白色であることはまず無く、多少の個人差はありますが、大多数の歯の持つカラーは、黄色の系統やブラウン系に感じられます。
親知らずを摘出する時、本当に強い痛みを免れないことが要因で、麻酔を駆使しない手術を実施するのは、患者にとってはかなりの負荷になることが予測されます。
数が少ない口腔外科という所は、歯槽膿漏や虫歯あるいは義歯の治療だけではなく、口腔内で起こってしまう色々な不具合に適応できる診療科でしょう。

大人と同じく、子どもにできる口角炎もいろんな病因があげられます。ことさら目立つ原因は、偏食及び菌によるものに分けられるようです。
審美歯科に関わる医療は、「悩んでいるのはいったいどういったものか」「どういう笑顔を手に入れたいと思っているのか」を適切に検討をすることを第一に着手されます。
適応可能な範囲が大変大きい歯科専用レーザーは、種類が豊富で、他に色々な医療機関で活用されています。これからはいよいよ期待されています。
虫歯が原因の知覚過敏は、ムシ歯は相当病状が悪化していると察知され、ずきずきとした痛みも継続しますが、そうではない時は、その場だけの事態で終わるでしょう。
虫歯は、虫歯の菌が歯を溶かして冒す進み具合に、歯を再び石灰化する働き(とけ出た歯をもとに戻す効力)の速さが負けてくると起こってしまいます。